ストック素材を安全に利用するための実践講座のイメージ

JPDAデザイン保護委員会

ストック素材を安全に利用するための実践講座

クライアントからの依頼で制作したビジュアルが、パッケージしように限らず、様々に流用展開されるケースが増えています。
そのような流れの中、今回JPDAデザイン保護委員会では、日頃から利用する機会が多い「ストックフォト」にフォーカスをして、より安全に利用するための実践講座を開催いたします。

開催日: 2019年02月07日(木)

開催情報
開催レポート

講師に、業界大手であるアマナイメージズ取締役の佐々木孝行氏を迎えて、そもそも写真が、どのような契約の中でライセンス販売されているのか、本来利用者側が守らなくてはいけないルール、過去に起きた実際のトラブルなど、著作権法上と実務レベルの両方の観点から、ストック素材を安全に利用するためのポイントと、コンテンツ制作の現場における効果的なリスク回避のテクニックを、豊富な事例を交えて解説していただきます。
ぜひ多くの方々のご参加をお待ちしております。

日時 : 2月7日(木) 18:30〜20:30
場所 : DIC株式会社 本社2F 大会議室
東京都中央区日本橋3-7-20
対象 : JPDA会員、D-8会員及び一般
会費 : 1,000円(当日現金でお受けします。)
定員 : 80名(先着順とさせていただきます。)
講師 : 佐々木孝行氏(株式会社アマナイメージズ)

ライブラリーサイト「デザインの権利と保護」内に

>>> Vol.111「セミナー報告/ストック素材を安全に利用するための実践講座」

として、開催レポートを掲載しています。

Pick Up

ページの先頭へ